「ものづくり成果コーナー」は、「ものづくり補助金事業」で得た成果を発信・普及することを目的としたサイトです。

登録企業

ものづくり補助金事業で得た成果をもとに、
商品等の事業化を行った企業情報を紹介します。

sanesu_238x169.jpg

登録企業

ものづくり補助金事業で得た成果をもとに、
商品等の事業化を行った企業情報を紹介します。

株式会社いかるが牛乳(8120001030258)

  • 大阪市
  • 食料品製造業
電話番号:06-6682-3165

学校給食用リユースびん容器の
傷の検査能力をアップ

学校給食用の牛乳はリユースびん容器を使用。給食日には大阪市内中心に配送され、使用済みのびん容器を回収する。そのとき、びんの欠けや割れ傷がついてしまう場合があるが、表面のわずかな傷やびん同士の擦れ傷などでも苦情に発展するケースもある。こうした傷は飲用後の保管や回収運搬時に生じるため一定の割れびんは発生する。
これら割れびんなどを除去するため割れびん検査装置を数十年前から導入し、上下の2カメラで飲み口や底の傷のチェックを1時間当たり平均1万5,000本ペースで検査してきた。ただ側面の擦り傷などには対応していなかった。より正確な検査が必要と考えて情報処理と測定計測の技術を組み合わせた全方向カメラ式検査装置を導入。これまで検査できなかった側面を含めすべての面が自動で検査ができるようになった。

役職・代表者名 代表取締役社長 鵤 照
住所 〒559-0024 大阪府大阪市住之江区新北島4-4-12
設立年月日 1950/12/25

事業内容

学校給食に牛乳を届け続けて50年以上

 かるちゃん2.jpg牛乳は子供の成長を担うため学校給食には欠かせない。その中で大阪市内中心の小中学校の学校給食に牛乳を50年以上提供し続けている。学校給食以外では紙やびん容器の牛乳を始めコーヒーなどの乳飲料、果汁飲料、はっ酵乳、清涼飲料、洋生菓子などの商品ライナップを製造販売する。これら設備を生かしてコンビニエンスストアのPBブランドの麦茶などの受託生産も手がけている。


BB-12ヨーグルト(新).jpg 中でも「いがるがヨーグルトBB -12」は厚生労働省の認可を受けた特定保健用食品(トクホ)。生きて腸まで届くビフィズス菌(BB–12)を使用し、腸内環境を改善しおなかの調子を整えるのが特徴。これらヨーグルトは収益の柱に成長している。

 

 


 まびん牛乳.jpgた市販や宅配用製品に採用する「Iキャップ」を考案。従来の紙ふたより開けやすくフィルムをはがすと丈夫なプラスチック製のふたがされており、飲みかけで再びふたをして保存できる工夫をするなど日々改善に取り組んでいる。

わが社の強み

特許や独自製造技術で他社がマネをできない
牛乳や乳飲料など製造販売しています

社屋.jpg

昔からの良さを守りつつ殺菌温度の管理や作業効率を高め、独自の工夫をこらして、消費者にしぼったままに近い牛乳のようなおいしく飲んでもらえる商品開発に力を入れていきます。

 

かるちゃん.jpg

株式会社いかるが牛乳の取り扱い商品・技術・サービス

 BB-12ヨーグルト(新).jpgいかるがヨーグルトBB-12

 大阪市工業研究所と共同開発
 ヒト試験を実施し論文発表
 特保マーク.jpg西日本の乳業メーカーで最初に特保取得

 許可表示:このヨーグルトに含まれるビフィズス菌(B.lactis Bb-12)は、生きたまま腸に届 いて、腸内環境を改善するのに役立ちます。
 関与成分: B.lactis Bb-12 9億個以上/90g

 

 

 

 280924_低リン乳斜.jpg低リン乳

 特許技術により生乳からリンとカリウムを吸着除去
 おいしさは牛乳そのまま

 常温保存可能

 平16.10.22 特許3610055220329オリゴセブン.jpg

 

 

 

 

 

 

 オリゴセブン

 独自製法で牛乳の乳糖を分解合成しオリゴ糖を生成


 平8.3.19 特許2034552
 平11.1.29 特許2140023

 

 

 

 

 

 Iキャップ.jpgI(アイ)キャップ

 びん牛乳に広く使用されているキャップ

 

 

 

 

 

 

 

 

株式会社いかるが牛乳に問い合わせる

電話で問い合わせ

TEL:06-6682-3165

メールで問い合わせ

下記内容で 株式会社いかるが牛乳 にお問い合わせします。
よろしいですか?

お名前
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー同意済み

プライバシーポリシー

大阪府中小企業団体中央会(以下「本会」といいます)は、本会が管理・運営するものづくり成果コーナー(https://maido-monoseika.jp/)の全てのウェブサイト(以下、「本ウェブサイト」といいます)の上で提供するサービスにおける個人情報の取扱いについて、以下のとおりプライバシーポリシー(以下、「本ポリシー」といいます)を定めています。本会は、「登録企業」及び「閲覧者」(以下利用者)に本ウェブサイトを安心してご利用いただけるよう、本会の個人情報保護方針に基づき、利用者の個人情報を慎重に取扱い、適切な管理・運営に努めてまいります。

本ポリシーでは、本会の本ウェブサイトにおける個人情報の取扱いについてご説明しており、本ウェブサイトをご利用いただく利用者は、本ポリシーの内容にご同意いただいたものとします。

(個人情報とは)

本ポリシーにおいて、「個人情報」とは、個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、住所、電話番号、連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報を指します。

(個人情報の収集と利用)

利用者が本ウェブサイトをご利用される際、利用者を特定できるような氏名、住所等の個人情報をご提供いただく必要は原則としてありません。ただし、本ウェブサイトでご提供している以下のサービスのご利用には、利用者の個人情報をご登録いただくものがあります。

個人情報をご提供いただくサービス

  1. 企業・団体・商品・技術情報等の登録
  2. ご意見・お問合せ情報
  3. マッチング、引合い等のお申込み
  4. 本会のサービスご利用における各種お申込み

ご提供いただく個人情報の例

  1. 氏名
  2. 会社名・団体名、役職名
  3. 郵便番号、住所、電話番号、ファックス番号
  4. 電子メールアドレス
  5. その他各種サービスの提供に必要な情報

収集した個人情報は、以下の目的のために利用させていただきます。

  1. サービスの提供、サービスのご利用にあたってのサポートを行うため
  2. 本会に関する情報をお知らせするため
  3. サービスをより充実した価値あるものにするための基礎データとするため
  4. その他、いただいたお問合せに対する回答を行うため

本会は、ご提供いただく個人情報について、上記の目的及びご提供いただいた際に利用目的としてご同意いただいた目的以外に使用することはありません。これらの目的以外に利用する必要が生じた場合は、事前に利用者にその旨を通知いたします。なお、利用者が個人情報のご提供をご希望されない場合には、ご自身の判断により、提供を拒否することができます。しかしながらその場合、本会のサービスをご利用になれないことがありますので、あらかじめご了承ください。

(個人情報の照会等)

ご提供いただいた個人情報について、照会、訂正、削除等を希望される場合には、本ポリシーのお問合せ窓口までお知らせください。当該のご希望が利用者ご本人によるものであることが確認できた場合、合理的期間・範囲内で開示、訂正、削除等を行います。

(個人情報の第三者提供)

本会は、以下のいずれかに該当する場合を除き、利用者からご提供いただいた個人情報を第三者に対して開示することはありません。

  1. 利用者の同意がある場合
  2. 法令にもとづき開示しなければならない場合
  3. 本会が業務委託先に必要な範囲で開示する場合(ただし、この場合本会は業務委託先に対し、個人情報の適切な管理と漏洩等の防止を契約等により義務付け、個人情報を保護します。)
  4. 統計情報(都道府県別、業種別、年齢別利用者数等)として、利用者個人を識別できないデータに加工した場合

(クッキー(Cookie)) 

本ウェブサイトには、クッキーを使用して提供されるサービスがあります。当会は、Cookieにより利用者が使用されているコンピュータを識別することが可能ですが、本ウェブサイトから利用者が個人情報を入力しない限り、利用者を特定することはできません。また、本ウェブサイトをご利用になった際に使用されたCookieにより、個人情報が他のサイトに流出することはありません。なお、利用者は、ご利用のウェブブラウザの設定を変更することでCookieを無効にすることができますが、その場合、本ウェブサイトのサービスのご利用いただける範囲が限定されることがありますので、あらかじめご了承ください。

※クッキー(Cookie)とは、ウェブサーバから利用者のウェブブラウザに対して送信される英数字からなる情報です。この情報は、利用者の ID カードのような役割を果たし、利用者のパスワードや設定情報等を記録しておくことができます。これによって利用者が再度ウェブサイトを訪れた際、利用者を識別し、設定状況等を再現することが可能になります。なお、Cookieには個人を特定する情報は含まれていません。

(個人情報の管理)

本会は、合理的な技術的施策、及び各役職員に対する啓発活動を行なうことにより、個人情報への不正なアクセス、個人情報の漏洩、改ざん等の防止に努めます。しかしながら、インターネットにおいて絶対的なセキュリティを保つことは可能ではありません。本ウェブサイトを通じた本会とのコミュニケーションにおいて個人情報の保護を完全に保障することはできかねますので、あらかじめご了承の上、利用者の個人情報は、利用者ご自身の責任においてご提供ください。

(アクセスログ)

本ウェブサイトでは、アクセスされた利用者のIPアドレス、アクセス日時、リンク元、アクセスしたファイル、使用しているウェブブラウザ等の情報をアクセスログとして記録しています。このアクセスログは、利用者個人の特定を目的としたものではなく、本ウェブサイトをより使いやすく改善するための資料として活用させていただくものです。このアクセスログを収集した個人情報と紐付けて利用 することはありません。

(リンク先の個人情報の取扱い)

本ウェブサイトには、他の事業者が運営するサイトへのリンクが含まれます。リンク先のサイトにおける個人情報の取扱いは、当該リンク先によるものとし、本会では責任を負うことはできません。リンクされているウェブサイトが独自に利用者の個人情報を収集する場合もありますので、利用者ご自身の個人情報のお取扱いには十分ご注意いただき、それぞれのウェブサイトのプライバシーポリシーをご確認されることをお勧めします。

(本ポリシーの改訂)

本会は、本ポリシーの内容を変更することがあります。本ポリシーを変更した場合、本会は変更後のプライバシーポリシーを本ウェブサイト上に公表し、改訂日を更新します。改訂したポリシーを本ウェブサイト上に公表した後、利用者が初めて本ウェブサイトをご利用された時点で、変更後のプライバシーポリシーに同意いただいたものとします。

(本ポリシーに関するお問合せ窓口)

本ポリシーに関するお問合せについては、下記の窓口でお受けします。

大阪府中小企業団体中央会 ものづくり中小企業支援室
電話: 06-6947-4378

 2017年 11月27日 制定